読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然の生命を鼓動で感じる

いのちを揺さぶる音楽をききながら車をとばして 自然と溶け合う生命の鼓動を感じよう

決勝トーナメント

ワールドカップ日本代表は残念ながら一勝も出来ずグループリーグ敗退してしまいました。

選手達が一番悔しかったんじゃないかと思います。
だけどここは勝負の世界、明暗が結果としてはっきり表れます。

やはり勝負強い人というのは居ますよね。
本田も調子悪いと言いながらも、一得点1アシストあげましたし、やはり結果を残します。
コンディションは万全ではなかったように思いますが、何だかんだ言っても得点には絡みましたからね。
さすがの一言です。
ただ日本にはやはり絶対的なストライカー、一人でもいざという時に局面を打開出来て、得点出来てしまうような絶対的なストライカーが必要だと感じました。
これはすぐにどうこうなる問題でもありませんが、もう小さい世代の教育段階からストライカー、いわゆる点取り屋を育成していかないと。
ワールドカップで優勝など夢のまた夢に終わってしまいます。

日本は何かテクニックがある人が優秀といわれる感じがあります。
確かに中盤の方が今までも世界でも活躍しているような選手が出てきています。
ただ、フォワードで本当の意味で世界に出て成功した例はいないです。
今期岡崎がブンデスリーガでかなり得点を重ねましたが、世界主要リーグで得点王になれるような逸材が欲しいですね!

まだまだ修正点はたくさんありますが、まずは一つずつ解決していくしかないですね!